前へ
次へ

医療は日進月歩で進化している事実

インターネットの世界は進化するのも早いですが、それは医療に限っていってもそうだといえます。10年前にはできなかったことができるようになったり、治らないといわれる病気も研究が進むにつれて、治療ができるようになっています。インフルエンザは毎年のように流行していますが、医療技術の進化によって前年の薬の耐性をもっているウィルスでも治療薬を見つけることができるようになっています。時間が経過することによって、医療の技術の進化のスピードも速くなっていっています。また、科学者や研究者の地道な努力があってこそ発展していることを忘れてはいけません。今は治療ができない病気でも長い年月をかけることによって治療ができるようになります。国をこえての支援も受けることができるので、日本では手の施しようがない病気でも海外で命を救うことができるのも事実です。いろいろな国で発展させるために力を尽くしている人たちがいるので、これからもっとよくなるでしょう。

Page Top